活動報告




選挙結果のご報告

2015年4月13日

当選御礼は、

公職選挙法で禁止されておりますので

結果のみご報告させて頂きます。

tousen2015.JPG

クリックすると拡大表示されます。

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)が導入されます!

2015年2月19日

平成25年5月に「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」が制定され、地方公共団体に対し個人番号をその内容に含む個人情報(特定個人情報)の適正な管理について必要な措置が求められる運びとなりました。

 川崎市では、個人情報の取り扱いを規定する「川崎市個人情報保護条例」に定めることとし、その改正の考え方に対して平成27年2月19日から3月20日まで市民意見の募集を行います。

 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)とは・・・

 ・個人番号(マイナンバー)は、国の行政基盤や地方公共団体などの複数の機関に存在する個人の情報を同一人の情報であるということの確認を行うための社会基盤になるものです。

 

 重   要

・平成27年10月に、住民票を有するすべての方に1人1つのマイナンバー(12桁)が通知されます。

・平成28年1月から、社会保障・税・災害対策の行政手続きにおいて市や国の行政機関等に対してマイナンバーの告知が必要となります。

※マイナンバー制度の概要版はこちらから、ご覧下さい。

参考資料■社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の概要.pdf

平成27年度「しまざき嘉夫新春の集い」を開催致しました

2015年2月 6日

2月5日「しまざき嘉夫 新春の集い」を、川崎日航ホテルにて開催させていただきました。
雪が降る予報の中での開催となりましたが、会場が溢れるほど大勢の皆様にご参加いただき大盛況のうちに開催することができました。改めまして、ご出席いただきました皆様に衷心より御礼申し上げます。
 

防犯灯のLED化推進に向けたESCO事業が導入されます!

2015年2月 5日

川崎市では、防犯灯のLED化を推進するため、ESCO事業※を導入し、平成29年度から市が防犯灯の維持・管理を行うこととなりました。ESCO事業では、電柱や専用柱に設置された「公衆街路灯A契約」の防犯灯を一括でLED化し、環境負荷や維持管理等に関わる町内会・自治会の負担の軽減を図ります。

 ※ESCO事業とは  
市と契約したESCO事業者が、従来型防犯灯を一斉にLED防犯灯に交換する工事と、その後の10年間にわたる維持管理業務とをあわせて行うものです。
LED化により電気料などの費用が下がるため、町内会・自治会等と川崎市の費用負担の軽減や環境負荷の軽減が図れます。
 

 ESCO事業導入に向けた今後の予定

 平成27年2月   町内会・自治会等への事業説明

          7月   ESCO事業への移行希望調査

平成28年1月   ESCO事業者の公募・選定

         4月   ESCO事業者との契約締結

         7月~  ESCO事業によるLED化工事

平成29年4月   ESCO事業開始

制度説明資料.pdf

(仮称)小田栄新駅が設置されます!

2015年1月30日

川崎市と東日本旅客鉄道(株)は、先月29日に包括協定を締結しました。

協定の第1弾として、JR南武支線の川崎新町駅~浜川崎駅区間の小田栄町に新駅を設置する運びとなりました。

開業目標時期は平成27年度末を予定し、乗降者数を1日約3,500人を見込んでいます。

また、新駅設置にあわせて南部支線の利便性向上策も検討されることとなりました。

 私は、鉄道用地を利用した駅周辺における保育園の整備を働きかけています!

270127報道発表資料【別添1、2、3】.pdf

page: 前のページ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このページの先頭へ