活動報告




第1回 (仮称)川崎南部病院地域連絡協議会 が開催されました

2013年2月17日

 

 2/13 田町町内会館で、第1回(仮称)川崎南部病院地域連絡協議会が開催されました。この会議は川崎社会保険病院が4月1日から医療法人社団 葵会へ運営が引き継がれることに伴い、それまで病院機能の維持を目的に地元町内会長さん方で平成21年3月に設置されてきた川崎社会保険病院地域連絡協議会から組織を移行し、新たに設置された組織です。

 当協議会は、川崎社会保険病院の譲渡が決定してから行政や各方面へ病院機能の存続を訴えて様々な活動を行ってきましたが、特に平成24年3月19日に大師地区町内会連合会として直接厚生労働省へ病院機能の存続を求める要望書を提出するなど、病院の機能維持に向けて住民が主体となる運動を行ってきました。

 第1回目の会議では、東部6町内会町会長、市医師会、市歯科医師会、市薬剤師会、市健康福祉局、大師支所、医療法人社団葵会の代表者が一堂に集いました。葵会代表者から4月以降の病院開設に向けた説明を受けたのち意見交換を積極的に行い、地域医療の課題解決に向けた有意義な会議を持つことができました。私も、協議会顧問として設立時より参加していますが引き続き協議会皆様とともに地域医療の充実に向けて取り組んで参ります。

H25-2-13 川崎南部病院地域連絡協議会-s.jpg

出来野稲荷神社の初午祭が盛大に執り行われました

2013年2月13日

2/9日、川崎区日ノ出町にある「出来野稲荷神社」の初午祭が盛大に執り行われました。

当日は、日の出町・出来野町の有志の皆さんが参加され、今年一年の豊穣と繁栄を祈念されました。例大祭の後は暖かいトン汁などもふるまわれ、参加者一同舌鼓を打ちながら初午祭のお祝いをいたしました。

 H25-2-9 厳島初午 001-s.jpg

H25-2-9 厳島初午 002-s.jpg

川崎市議会 「平成25年 第1回定例会」に「新型インフルエンザ等対策本部条例」の制定が提案されました。

2013年2月12日

/12市議会総務委員会に提出議案の説明が行われ、「新型インフルエンザ等対策本部条例」の制定について提案説明が行われました。

 これは、「新型インフルエンザ等対策特別措置法」(平成24年法律第31号、平成24年5月11日公布)に基づき、川崎市新型インフルエンザ等対策本部に関し必要な事項を定めるために提案されたものです。

 条例案の詳細概要は別紙に掲載いたしましたが、今後市議会として様々な議論を重ねて参りたいと考えております。

【説明資料】新型インフルエンザ等対策本部条例について.pdf

 

平成25年 初午祭が執り行われました!

2013年2月12日

2/9は、初午です。ことしも、各位地区で盛大に初午祭が執り行われました。地域の皆さんが長年大切に守ってきた各地の稲荷神社で、今年もそれぞれの一年の安寧を願っておられました。いい年でありますように・・。

H25-2-9 初午祭 002-s.jpg

写真は、汐留稲荷神社です。

年男として節分祭に臨みました!

2013年2月 5日

2月3日、今年の年男として、大師若宮八幡宮で開催された節分祭に出席しました。節分祭には、大師地区の相撲部屋である春日部屋の力士も参加して盛大に開催されました。節分祭の神事の後に恒例の豆まきが行われ、近所の子供たちで一杯の会場で華々しく執り行われました。

また、今年の恵方である南南東の方向を向いての恵方巻きを食べるなど楽しい一日となりました。午後には、川崎大師、小田日枝神社でも節分祭に出席させていただきました。

H25-2-3 節分 001-s.jpg

H25-2-3 節分 002-s.jpg

page: 前のページ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

このページの先頭へ